×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MENU

歯をホワイトニングすることの弊害って何があるの?

従来のホワイトニングでは、漂白効果により歯が脱水状態になってしまいます。
脱水状態の歯はもろくダメージを受けやすく、冷たいものがしみたり強い痛みが出たりする可能性があります。
冷たいものがしみたり強い痛みが続く場合、場合によっては神経を取らないと痛みが止まらないこともあります。
元々知覚過敏がある方にはホワイトニングはおすすめ出来ません。

 

また、脱水状態の歯は乾いたスポンジが水分を吸収するように、食べ物・飲み物等の色を付着しやすくしてしまうため食事の制限もあります。
外食予定が続く場合などはホワイトニングをするべきではありません。
よって短期間でのメンテナンスが必要など、さまざまな弊害もあります。

 

上記を改善した商品がポリリン酸を使用したホワイトニングです。
ポリリン酸は瞬時にエナメル質をコーティングするこによりホワイトニング後の痛みが少なくなりました。
また、ホワイトニング直後でも食事制限がありません。
さらにポリリンコーティングが表面のエナメル質となって歯を汚れや虫歯菌から守り、立体的でキラキラとした自然で美しい白さに歯を輝かせます。

 

ポリリン酸は安全性は高いのですが、こちらにもデメリットはあり重度の歯周病の方は場合によってはシミができる可能性があります。

 

日本ではポリリン酸を使用したホワイトニングを行っている歯科医院がまだ多くないのも現状です。

 

歯のホワイトニングってどのくらいもつの?

個人差がありハッキリしたことは言えませんが急激に白くした歯は急激に後戻りが起きやすく、ゆっくり白くした歯はゆっくり後戻りすると言われています。

 

その為、オススメは両方のメリットから歯科医院でする濃度が高いオフィスホワイトニング
こちらは濃度が高いので効果は早く現れますが後戻りが早いのがデメリットと
濃度が低いホームホワイトニングの併用です。
ホームホワイトニングの効果はゆっくりと現れますがゆっくりと白くなった歯はゆっくりと後戻りする傾向があるので併用することにより白さが持続します。

 

個人差はありますが、オフィスホワイトニングは約3〜10ヶ月、ホームホワイトニングは約6〜12ヶ月持続するといわれています。

 

あと、色の濃い食品を好む方は後戻りが早くなります。
ホワイトニング中に色の濃い食品、コーヒーや赤ワインなどもそうですがタバコも避けるのは当然なのですが、
後戻りの防止のためにはその後も色の濃い食品の摂取量を控えるべす。控えることでホワイトニング効果はより持続します。

 

また、オフィスホワイトニングの場合は3〜6ヶ月に1度、ホームホワイトニングの場合は2〜3年に1度のペースで追加のホワイトニングをするとより持続します。

歯のホワイトニングを自宅でできる方法ってどんな方法があるの?

ホームホワイトニングと言って歯科医院で購入することが出来る商品があります。
成分は過酸化尿素で歯科医院でするタイプとは少し違い濃度が低くくより安心して使える商品となっています。

 

ホームホワイトニングは自宅でするホワイトニングです。
あらかじめ歯型に合ったトレーを作製し、そのトレーにホワイトニングジェルを入れ歯に装着し就寝します。
オフィスホワイトニングより濃度は低くなりますが毎日ご自宅ですることにより少しずつ白くなります。

 

こちらはお口の中のクリーニングを行なった後にします。
ホームホワイトニングの効果はゆっくり白くなります。
(ホワイトニングには後戻りがあり、一度白くしたからと言って一生白さを保てるわけではありません。)
ゆっくりと白くなった歯は後戻りもゆっくり起きます。

 

ホワイトニング中は色の濃い食品は避けるべきです。コーヒーや赤ワインなどもそうですが、喫煙もです。
後戻りの原因になりますし、ホワイトニングしたところに色素が入ってしまいます。
控えることでホワイトニング効果が期待出来ます。

 

歯のホワイトニングしたいけどレモンと塩でできるって本当?

レモンにはクエン酸が含まれておりエナメル質を溶かしてしまいます。これは歯が酸に溶かされ虫歯になる時と同じです。
エナメル質は本来硬い組織で象牙質や神経を守っていますが酸に触れると柔らかく溶かされてしまいます。

 

塩は歯茎を引き締める効果があります。また、研磨効果もあり昔は歯磨き粉代わりに使用されていました。
しかし塩は目が粗く研磨効果が強すぎエナメル質を傷つけてしまうとわかった現在では使用をオススメしている歯科医院はありません。

 

レモンに含まれているクエン酸でエナメル質を溶かし、柔らかくなってしまった歯を目の粗い塩で磨くとどうなるでしょう。
エナメル質は溶かされ、無数の傷がつき虫歯になると思います。

 

少なくとも歯は白くなりません。

 

歯を白くするにはホワイトニングがあります。
ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅でするホームホワイトニングがあります。

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは薬剤の濃度が高くその分効果は期待出来ます。

 

ホームホワイトニングは自宅でできます。
あらかじめ歯型に合ったトレーを作製し、そのトレーにホワイトニングジェルを入れ歯に装着し就寝します。
オフィスホワイトニングより濃度は低くなりますが毎日ご自宅ですることにより少しずつ白くなります。

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することにより、より効果が発揮されます。

 

ホワイトニングは安全な方法でしなければいけません。
安価な物でするのではなく歯科医院などでプロが勧める安全で効果のあるものを使用するべきです。

歯をホワイトニングすると歯が弱くなるって本当?

従来のホワイトニングでは、漂白効果により歯が脱水状態になってしまいます。
脱水状態の歯はもろくダメージを受けやすく、冷たいものがしみたり強い痛みが出たりする可能性があります。
冷たいものがしみたり強い痛みが続く場合、場合によっては神経を取らないと痛みが止まらないこともあります。
元々知覚過敏がある方にはホワイトニングはおすすめ出来ません。

 

また、脱水状態の歯は乾いたスポンジが水分を吸収するように、食べ物・飲み物等の色を付着しやすくしてしまうため食事の制限もあります。
外食予定が続く場合などはホワイトニングをするべきではありません。
よって短期間でのメンテナンスが必要など、さまざまな弊害もあります。

 

しかし脱水状態は一過性のものです。歯が弱くなったわけではないのです。
かなり過敏な場合や歯科医院によってはホワイトニング後フッ化ナトリウムを歯に塗布して脱水状態を回避します。

 

上記を改善した商品がポリリン酸を使用したホワイトニングです。
ポリリン酸は瞬時にエナメル質をコーティングするこによりホワイトニング後の痛みが少なくなりました。
また、ホワイトニング直後でも食事制限がありません。
さらにポリリンコーティングが表面のエナメル質となって歯を汚れや虫歯菌から守り、立体的でキラキラとした自然で美しい白さに歯を輝かせます。

歯をホワイトニングしたいけど保険適用でできる?

歯を白くするのは美容になります。
美容には保険が使えませんので全て自費になります。
自費診療は歯科医院が自由に金額設定をすることができます。
ですので同じ方法で歯を白くしても歯科医院によって金額が違ってきます。

 

ホワイトニング方法にもいくつかあります。

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングや自宅でするホームホワイトニングがあります。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングは薬剤の濃度が高くその分効果は期待出来ます。
お口の中のクリーニングをして汚れを落とした後、薬剤を塗布し光をあてホワイトニングします。
金額が1番高い方法になりますが効果も1番あります。数千円〜6,7万円する医院もあり金額設定は様々です。

 

自宅でできるホームホワイトニングは、あらかじめ歯型に合ったトレーを作製し、そのトレーにホワイトニングジェルを入れ歯に装着し就寝します。
オフィスホワイトニングより濃度は低くなりますが毎日自宅ですることにより少しずつ白くなります。
オフィスホワイトニングより安価ですが効果も緩やかです。
こちらも歯科医院によって設定金額は様々ですが数千円〜5万円くらいします。

 

オフィスホワイトとホームホワイトニングを併用することも出来ます。
併用の場合、歯科医院によって割引をしている医院もあります。

 

歯のホワイトニングの値段っていくらぐらい?

歯を白くするのは美容になります。
保険が使えませんので全て自費になります。
自費診療は歯科医院が自由に金額設定をすることができます。
ですので同じ方法で歯を白くしても歯科医院によって金額が違ってきます。
また方法はいくつかあります。

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングや自宅でするホームホワイトニングがあります。

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは薬剤の濃度が高くその分効果は期待出来ます。
お口の中のクリーニングをして汚れを落とした後、薬剤を塗布し光をあてホワイトニングします。
金額が1番高い方法になりますが効果も1番あります。数千円〜6,7万円する医院もあり金額設定は様々です。

 

自宅でできるホームホワイトニングは、あらかじめ歯型に合ったトレーを作製し、そのトレーにホワイトニングジェルを入れ歯に装着し就寝します。
オフィスホワイトニングより濃度は低くなりますが毎日自宅ですることにより少しずつ白くなります。
オフィスホワイトニングより安価ですが効果も緩やかです。
こちらも歯科医院によって設定金額は様々ですが数千円〜5万円くらいします。

 

オフィスホワイトとホームホワイトニングを併用することも出来ます。
併用の場合、歯科医院によって割引をしている医院もあります。

歯のホワイトニングは体に悪いって本当?

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅でするホームホワイトニングがあります。

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは濃度の高い薬剤を使用し、その分効果は期待出来ます。
お口の中のクリーニングをして汚れを落とした後、薬剤を塗布し光をあてホワイトニングします。

 

自宅でできるホームホワイトニングはあらかじめ歯型に合ったトレーを作製し、そのトレーにホワイトニングジェルを入れ歯に装着し就寝します。
オフィスホワイトニングより濃度は低くなりますが毎日自宅ですることにより少しずつ白くなります。

 

オフィスホワイトニングには高濃度のオキシドール(過酸化水素)が使用され、ホームホワイトニングには過酸化尿素が使用されます。
ホワイトニングでは、漂白効果により歯が脱水状態になってしまいます。

 

脱水状態の歯はもろくダメージを受けやすく、冷たいものがしみたり強い痛みが出たりする可能性があります。
冷たいものがしみたり強い痛みが続く場合、場合によっては神経を取らないと痛みが止まらないこともあります。
元々知覚過敏がある方にはホワイトニングはおすすめしていません。

 

しかし脱水状態は一過性のものです。
かなり過敏な場合や歯科医院によってはホワイトニング後フッ化ナトリウムを歯に塗布して脱水状態を回避します。

 

上記を改善した商品がポリリン酸を使用したホワイトニングです。
ポリリン酸は瞬時にエナメル質をコーティングするこによりホワイトニング後の痛みが少なくなりました。

 

髪の毛をブリーチするのと同じです。
一過性の脱水があり髪の毛でしたらトリートメントなどで補います。
歯のホワイトニングもフッ化ナトリウムやポリリン酸で脱水を補います。
体に悪いというほどの影響はないと思われます。

歯を白くするデメリット

従来のホワイトニングでは、漂白効果により歯が脱水状態になってしまいます。
脱水状態の歯はもろくダメージを受けやすく、冷たいものがしみたり強い痛みが出たりする可能性があります。
冷たいものがしみたり強い痛みが続く場合、場合によっては神経を取らないと痛みが止まらないこともあります。
元々知覚過敏がある方にはホワイトニングはおすすめ出来ません。

 

また、脱水状態の歯は乾いたスポンジが水分を吸収するように、食べ物・飲み物等の色を付着しやすくしてしまうため食事の制限もあります。
外食予定がある場合などはホワイトニングをするべきではありません。
よって短期間でのメンテナンスが必要など、さまざまなデメリットも生じます。

 

上記を改善した商品がポリリン酸を使用したホワイトニングです。
ポリリン酸は瞬時にエナメル質をコーティングするこによりホワイトニング後の痛みが少なくなりました。
また、ホワイトニング直後でも食事制限がありません。
さらにポリリンコーティングが表面のエナメル質となって歯を汚れや虫歯菌から守り、立体的でキラキラとした自然で美しい白さに歯を輝かせます。

 

ポリリン酸は安全性は高いのですが、こちらにもデメリットはあり重度の歯周病の方は場合によってはシミができる可能性があります。

歯のホワイトニングって虫歯があってもできる?

ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅でするホームホワイトニングがあります。

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは薬剤の濃度が高くその分効果は期待出来ます。
お口の中のクリーニングをして汚れを落とした後、薬剤を塗布し光をあてホワイトニングします。

 

さらに、自宅でもホームホワイトニングをします。
あらかじめ歯型に合ったトレーを作製し、そのトレーにホワイトニングジェルを入れ歯に装着し就寝します。
オフィスホワイトニングより濃度は低くなりますが毎日自宅ですることにより少しずつ白くなります。

 

オフィスホワイトニングにはオキシドール(過酸化水素)が使用されます。
ご存知の消毒薬です。さらに濃度が高いため痛みがでる可能性が高くなります。

 

また、ホワイトニングでは漂白効果により歯が脱水状態になってしまいます。
脱水状態の歯はもろくダメージを受けやすく、冷たいものがしみたり強い痛みが出たりする可能性があります。
冷たいものがしみたり強い痛みが続く場合、場合によっては神経を取らないと痛みが止まらないこともあります。
元々知覚過敏がある方や虫歯のある方はホワイトニングはおすすめ出来ません。

 

虫歯のある場合は治療後ホワイトニングが可能になりますが、虫歯が深かった場合は念のためホワイトニング前に相談された方がよいでしょう。

 

虫歯に関してはこちらのサイトを参考にすると良いですよ。

 

⇒ 子供 虫歯予防

 

 

トップに戻る